お肌の悩みを光で洗う
シミ・ソバカス・くすみ・
赤ら顔・小ジワ・毛穴

STELLAR M22
フォトフェイシャル
ステラM22

全顔2パス

通常価格
1回9,800(税込)

※肝斑の直上は1パスのみの照射になります。

WHAT IS A STELLAR M22

M22

ステラM22は、IPLという強い光をお肌に照射することでシミ、くすみ、赤ら顔を改善すると同時に、肌にハリをもたせることで小じわ、毛穴の開大なども改善する美肌治療器です。

ステラM22は、IPLという強い光をお肌に照射することでシミ、くすみ、赤ら顔を改善すると同時に、肌にハリをもたせることで小じわ、毛穴の開大なども改善する美肌治療器です。

フォトフェイシャル
様々な波長の光を含んだIPLで
皮膚を総合的に治療

IPL(Intense Pulsed Light)は様々な波長の光を含んだ強い光です。
レーザーは単一波長です。
血管腫などにはダイレーザー(Vビーム波長595nm)、シミにはQスイッチルビーレーザー(波長694nm)というようにそれぞれの用途に合わせてレーザー機器を変えます。
限られた用途にしか使えませんが、その代わり非常に強力です。
IPLは様々な波長の光を含みますので、
・Vビームのように毛細血管に作用して赤ら顔を改善
・ルビーレーザーのように表皮のシミを改善
・肌のハリも改善
というようにいろいろな改善効果が期待できます。

写真

肌を美しくしたいという方に最適
総合的に美肌を維持

もし、「肝斑がすごく気になる」「赤ら顔がすごく気になる」「肌を引き締めたい」ということですと、レーザー治療や超音波(ハイフなど)や高周波(テノールやポテンツァなど)などの目的が限られた治療機械をお勧めします。
しかし、「肌を総合的にきれいにしたい」「美肌を維持したい」ということですと、ステラM22はお勧めです。
一つ一つの目的にはレーザーなどのように徹底的に効果を発揮するわけではないですが、一つの治療で様々な悩みを改善します。
まさに美肌治療器です。

薄めのソバカスなど薄いシミに

薄めのシミには適したレーザー治療機が少ないです。
ステラM22は皮膚表層のシミに適した短めの波長の光を多く含みます。
レーザー治療では取りにくい薄めのソバカスや薄めのシミを抑えます。
強めのレーザー治療よりもマイルドにダウンタイムや術後の炎症後色素沈着のリスクも抑えられます。

写真

ステラM22の多彩なフィルター

ステラM22はIPLですのでレーザーと違い単一波長ではありませんが、以下のようにそれぞれの波長を強化したフィルターがあります。
肌悩みに合わせたフィルターで照射していくことで、それぞれの症状に対してより大きな効果を発揮します。

説明図

あおばのステラM22は2パス約100shot
患者様のお悩みに合わせて
1回の施術で最大5種類のフィルターを使用

あおばクリニックのフォトフェイシャル ステラM22ですが、基本的には以下の2種類の波長のフィルターを使用し、約100shot(80~120shot)を照射します。

①1パス目 PHOTO FACIAL モード(560nmフィルター)または、515PHOTO FACIALモード(515nmフィルター*)約50shot(40~60shot)
短い波長で表皮のメラニンを破砕し、シミやくすみ、色むらを取り肌のトーンを整える。
*515nmフィルターはスキントーンⅠに近い方や、560nmフィルターでは炎症反応が弱い方に使用します

写真

②2パス目 DEEP HEATING モード(695nmフィルター)約50shot(40~60 shot)
長めの波長で肌の奥に熱を加え、コラーゲンを増やし肌にハリをもたらす。

写真

これら2パスをお顔の肌全体で、シミからハリまで皮膚の表層から深層までをカバーし、美しくツヤとハリのある肌をもたらします。
さらに、患者様のご要望や状態に合わせて以下のカスタマイズ照射をおこないます。

③SPOTモード 患者様に「気になるシミ」などを伺い、その部分に照射します。1パス目のPHOTO FACIALモードで使用したものと同じ560nmフィルターですが、出力を強くすることと、パルス幅という照射時間を短くすることで、より鋭くメラニンを破砕します。

写真

④VASCULARモード 赤ら顔などの毛細血管が拡張している部分に照射します。Vbeamに搭載されているダイレーザー(585nm)の波長に近い590nmのフィルターを用い、毛細血管内のヘモグロビンを攻撃し、毛細血管を潰します。ニキビ跡の赤みが気になる場合にも、こちらのフィルターが効果的です。

写真

⑤MELASMAモード お顔に肝斑がある場合、PHOTO FACIALモードで使用するフィルターで照射すると悪化する可能性があるため、640nmのフィルターで肝斑を刺激しない設定の照射をおこないます。

写真

同じ箇所には最大2パスまでの照射がメーカーにより推奨されていますので、気になる部位にSPOTやVACULARモードでカスタマイズ照射をした部分は、2パス目のDEEP HEATINGモードが重ならないように、その周りを照射していきます。
また、肝斑がある場合、肝斑の直上はMELASMAモードで1パスのみの照射となります。

あおばのフォトフェイシャルステラM22は
・顔の肌全体をベースのフィルターで表層から深層までカバーし、すみずみまで美しくします。
・「気になる部分」や患部には、一人ひとりの肌悩みに合ったカスタマイズ照射をおこないます。

コンタクトクーリングにより痛みと合併症の防止

ステラM22の照射面はサファイアガラスで出来ており、肌を直接冷やすこと(コンタクトクーリング)で、痛みの防止や合併症の防止を行います。
レーザー治療後のように痒みを伴う膨疹が出たり、一時的に肌荒れするようなことがほとんどないため、ご予定を気にせず施術できるところもフォトフェイシャルのメリットです。

EFFECT

WEB予約はこちら

FLOW

STEP.01洗顔〈所要時間〉約5分
お顔の施術をご希望の場合は、診察時にお肌の状態を確認させていただきますので、先にメイクを落としていただきます。洗顔イメージ
STEP.02カウンセリング〈所要時間〉約20~25分
患者様のご要望やお悩みをうかがい、ご希望の施術についてご説明します。
施術内容、効果、お気を付け頂きたいことなどを丁寧にご説明します。
疑問点や質問はご遠慮なくお尋ねください。カウンセリングイメージ
STEP.03診察
お肌の状態やお身体の健康状態などを診察時に確認させていただきます。
また、気になるしみや赤みのチェックをします。しみの種類、赤みの状態によって施術方法が適切かを判断します。診察イメージ
STEP.04照射〈所要時間〉約10~15分
お顔全体にジェルを塗布し、照射していきます。ほとんどの箇所で痛みはありませんが、シミの濃い部分、骨の近く、口角横の神経が集中している部分などにピリッとした痛みを感じることがあります。麻酔イメージ
STEP.05アフターケア&メイク直し
施術後はすぐにメイクをしていただけます。
パウダールームには化粧水、乳液、日焼け止めクリームをご用意しております。
メイク道具はご持参くださいませ。麻酔イメージ

DETAIL

治療時間
約20分。
※照射時間は10~15分程度です。※初回治療時はカウンセリングに30分程度必要になります。
治療後の通院
3~4週間に1回、3~5回を1クールとして推奨しております。
1クール終了後も3~4週間に1回のペースで続けていただけます。
ダウンタイム
ほとんどありません。治療後は全体的にほんのりとした赤みが出ることがありますが、2~3時間程度で改善します。
また、シミやホクロ等に反応して薄いカサブタを形成することがあります。カサブタができた部分は一時的に色が濃くなりますが、3~7日程度で自然に剥がれ落ちます。
通常の場合腫れはほとんどありません。翌日になっても真っ赤に腫れているような場合はすぐにご連絡ください。
皮下出血
率は低いですが皮下出血が起こる場合もあります。点状出血の場合は2~3日程度で改善します。
※個人差があります。
カウンセリング当日の治療
可能です(予約状況と皮膚の状態によります)。
麻酔
麻酔はおこないません。
痛み
肌の表面にピリっとした刺激と温かさを感じる程度です。
痛みの感じ方には個人差がありますが、シミの濃い部分や骨に近い箇所、口角横等は痛みを強く感じることがあります。
メイク/入浴/洗顔
当日より可能です。(赤みや腫れがある場合、入浴はお控えください)
洗髪/シャワー
当日より可能です。
激しいスポーツ
当日より可能です。(赤みや腫れがある場合はお控えください)
その他
飲酒……当日より可能です(赤みや腫れがある場合はお控えください)。
日焼け……治療期間中は日焼け止めクリームをお使いください。
化粧水……当日より可能です(ピーリング作用があるものは1週間程度お控えください)。

STELLAR M22

対応クリニック:札幌院・函館院・仙台院・新宿院・
新宿西口院・池袋院・渋谷本院・有楽町院・上野院・
吉祥寺本院・
立川院・町田院・大宮院・横浜院・千葉院・柏院・
名古屋駅前院・名古屋栄院・京都四条河原町院・大阪梅田院・心斎橋院・神戸三宮院・姫路院・広島院・福岡博多院・熊本院
(6月14日開始予定)福岡天神院
※有楽町院のみM22ですが、515nmフィルターの使用可能です。

PRICE LIST

WEB予約はこちら

CLINIC

WEB予約はこちら