医師が解説DOCTOR COMMENTARY

熱破壊式と蓄熱式の
どちらが効くか?

「蓄熱式脱毛は熱破壊式脱毛より効果が低い」とよく言われますが、
実際の効果はそれほど変わりません。

なぜ、蓄熱式脱毛は効果が低いと言われるのか、
医師が解説させていただきます。

医師 丸本 桂三

目次

POINT01

医療脱毛では、熱破壊式と蓄熱式を
比べると、
どちらが効果的か?


【まとめ】(詳しくは下のリンクをクリックしてください。)
熱破壊式脱毛も蓄熱式脱毛も効果は変わりません。蓄熱式脱毛をいい加減に照射するクリニックが多いのもあり、蓄熱式脱毛の評判が悪くなっているようです。

「医療脱毛では、熱破壊式と蓄熱式を比べると、どちらが効果的か?」を
さらに詳しく

結論から申し上げると、「そんなに変わらない」ということになります。にもかかわらず、美容クリニックで実際に施術を受けてみると、熱破壊式脱毛のほうが、効果が高いと感じる場合が多いです。
SNSなどでも「蓄熱式脱毛は効果が低い」とよく書かれていたりします。そういう評判になる一番の理由は「ちゃんと必要な量のエネルギーを照射できていないクリニックが多いから(要するに、照射がいいかげんだから)」ですが、それ以外にも様々な理由があります。それについて解説させていただきます。

イメージ写真

POINT02

熱破壊式脱毛の効果・効き方


【まとめ】(詳しくは下のリンクをクリックしてください。)
熱破壊式脱毛ではジェントルシリーズ(ジェントルレーズプロ・ジェントルマックスプロ)が一番有名です。

ジェントルは短い時間で集中的にレーザーを照射するので、一瞬で毛根周辺組織を破壊します。バルジ領域の毛包幹細胞が破壊されると毛はもう生えてこなくなりますし、毛乳頭が破壊されると、その瞬間から毛を作れなくなりますので、1週間くらいで毛が脱落し始めます。
非常に効果を実感しやすい脱毛機です。

しかし、熱破壊式脱毛でもジェントル以外のものはジェントルよりも少し長めの時間をかけてマイルドにレーザーを照射しますので、毛乳頭の破壊が徹底されず、毛の脱落に2週間くらいかかったりします。
ライトシェアや当院のラフィーユなどがそうです。

「熱破壊式脱毛の効果・効き方」を
さらに詳しく

熱破壊式脱毛で一番有名な機械はジェントルのアレキサンドライトレーザーです。
(ジェントルレーズとか、ジェントルMAX とかジェントルPROとかいろいろ呼び方がありますが、専門の人間には同じものです。
ここではジェントルシリーズのアレキサンドライトレーザーを略してジェントルと呼ぶことにします。)
ジェントルシリーズの呼び方について>
ジェントルの場合、非常に短い時間でエネルギーを集中させてレーザーを照射します。
たとえば、1秒で20ジュールというエネルギーを照射すると、1秒当たり20ジュールのパワーです。
しかし、2倍の40ジュールを10秒かけて照射すると1秒当たり4ジュールですので、ずいぶんと弱くなります。
実際のジェントルのメーカー推奨設定は3ミリ秒と言って、3秒の1000分の1という超短時間でレーザーのエネルギーを集中させます。
そのため、毛根の温度が急速に上がります。その熱が周辺の組織に伝わって急速に温度があがり、周辺組織を破壊します。

毛は毛乳頭が作ります。その毛乳頭を作るのは、バルジ領域にある毛包幹細胞です。
脱毛の仕組みについて>
ジェントルの場合、毛根内の毛の温度が急激にあがるため、その熱でバルジ領域の毛包幹細胞だけでなく毛乳頭も破壊します。

毛乳頭が破壊されますので、もうその瞬間から毛が生えて来なくなります。
数日〜1週間経つと、毛根に残っていた毛が脱落したりし始めます(ポップアップと呼んだりする)。
バルジ領域の毛包幹細胞も破壊されますので、もう毛乳頭を作ることが出来なくなり、その毛根からはもう毛が生えてきません。

以上のようにジェントルの脱毛は比較的すぐに脱毛の効果を実感できますので、「非常に効果が分かりやすい」という特徴があります。

ジェントル以外で最も多く使われている熱破壊式脱毛機はライトシェアデュエットですが、ライトシェアの場合、ジェントルの10倍以上の時間(30ミリ秒以上)をかけてレーザーを照射します。
温度の上がり方がマイルドになり、ジェントルほどには毛乳頭が破壊されません。
そのため、毛の脱落に2週間以上かかったりするので、ジェントルより照射直後の効果を実感しにくい面があります。

しかし、時間をかけて照射すると言ってもパワーは強めに照射しますので、バルジ領域にある毛包幹細胞は破壊されます。
そのため、ライトシェアもジェントルも、脱毛に必要な回数は5~7回と変わりません。
当院のラフィーユもライトシェアとほぼ同じ設定です。

イメージ写真

POINT03

蓄熱式脱毛の効果・効き方


【まとめ】(詳しくは下のリンクをクリックしてください。)

蓄熱式はじっくり熱を加えることでバルジ領域の毛包幹細胞を破壊します。

毛乳頭は破壊されにくいので効果を実感するのに3〜4週間くらいかかります。
しかし、施術がいい加減で規定量の熱を加えないと効果が下がります。
そういういい加減な施術をしているクリニックやチェーンが非常に多いので、蓄熱式脱毛は効果が低いという印象を持たれる方も多いです。

さらにジェントルを採用しているクリニックグループがSNSなどを通してステマで「蓄熱式脱毛は効かない」というイメージを作ったりしています。
それも、蓄熱式の効果が低いというイメージの原因の一つです。

「蓄熱式脱毛の効果・効き方」を
さらに詳しく

蓄熱式の場合、ハンドピースを皮膚表面ですべらせながら照射し、何度も何度も往復させます。
たとえば、15センチ×15センチの範囲をすべらせながら「40秒くらいかけてその範囲に2000ジュールのエネルギーを入れる」というようなことをします。
入れるエネルギーの量は熱破壊式よりはるかに多いのですが、時間をかけるために熱破壊式のようにシャープに温度が上がりません。
さらに一発の照射にかける時間も50~150msなど長めで、じっくり熱を加える感じです。ジェントルの場合、一瞬で毛根の周りの熱が70度以上とかに上がってすぐに死んでしまうのですが、蓄熱式の場合、徐々に上げていった後、一定時間60〜70度に維持することで毛根の周りの組織を破壊します。

これは専門的過ぎるので説明を省かせていただきますが、蓄熱式の場合、
・バルジ部の毛包幹細胞は破壊されるが、
・毛乳頭の破壊は完全ではない
ということが起こります。

毛乳頭はダメージを受けていますが、生きている毛乳頭もありますので、その後も毛を作り続ける毛根もあります。そのため、脱毛後4〜5日くらいすると、次第に毛が伸びてきたりします(脱毛時には剃毛しているので分かりやすいです)。
でも、それが3〜4週間くらいで脱落し始めます。
その後、生えなくなってきます。
つまり、脱毛はされているわけですが、ジェントルより効果の実感が遅くなります。
ライトシェアやラフィーユなどの熱破壊式よりも効果の実感はさらに遅くなりますが、ちゃんとした施術をすれば蓄熱式脱毛はちゃんと効果を実感できます。

一番有名な蓄熱式脱毛機はメディオスターですが、5年くらい前に当院でメーカーさんにお願いして機械をお借りして試したことがありますが、ちゃんと効果がありました。
いくつかの理由で採用をしませんでしたが、痛みも少ないので、大変優秀な機械ではないかと思います。
ただ、やはり、効果が実感できるまでに3〜4週間くらいかかりますので、すぐに効果が実感できるジェントルから比べると、効果が低いように感じられるかもしれません。
「効果を実感するのに3〜4週間かかる」というのも、「熱破壊式は効果がない」と言われる理由の一つではないかと思います。

しかし、「蓄熱式が効果がない」と言われている最大の理由は別のところにあります。
蓄熱式の場合、決まった範囲に決まった量の熱(エネルギー)を加える必要があります。
それにもかかわらず、2000ジュール必要な範囲で1000ジュールしか熱を加えなければ、それだけ施術が早く終わります。
その分、人件費もかかりませんし、予約の回転も速くなりますから、適当に終わらせた方が利益が出ます。
しかし、10回照射しなければいけないところに5回しか照射しなければ十分に温度が上がりませんので、毛根周辺の組織は破壊されません。
つまり、ちゃんと脱毛されません。「蓄熱式が効かない」と思われている最大の理由は、この「いい加減な施術」です。

さらに、競合医院のポジショントークもあるようです。
美容クリニックの世界では口コミなどにステマや「やらせ」がものすごく多いです。
熱破壊式を採用しているクリニックの中には、Twitterやブログなどのインフルエンサーを使って(あるいは自ら一般人を装って)、蓄熱式クリニックにネガティブな情報を流しまくるところが非常に多いです。

しかし、当院でいろいろ試した結果では、「熱破壊式も蓄熱式も効果はあまり変わらない」というのが客観的なデータです。

もともと熱破壊式も蓄熱式も人によって「合う」「合わない」があります。
その上、蓄熱式脱毛はいい加減な施術で効果が低くなってしまう場合が非常に多いです。
蓄熱式で効果が少なかった方は上のネガティブキャンペーンの情報を読まれると「やはり効かない」と思われて、SNSでそういう情報を書かれる方も多くなります。

当院ではジェントル(熱破壊式)で施術を受けられても効果が少ない方もいらっしゃるのですが、それにもかかわらず「熱破壊式だから効かない」という御意見は見たことがありません。

やはり、「ちゃんと信用できる医院を選ぶ」というのが大事だと思いますが、その「信用できる医院を選ぶ」というのが一番難しいです。美容クリニックの口コミはウソにまみれていますので、何を信じて良いのか分かりません。

SNSのインフルエンサーの中には、蓄熱式と熱破壊式の効果に関して
①どっちも効果は変わらない。
②熱破壊式のクリニックがポジショントークで蓄熱式が効かないと言っていたりする。
③いい加減な施術で蓄熱式をやっているために実際に効かないところもある。
④それを見分けるのは困難。
⑤だったら、熱破壊式を選ぶのが無難。
というようなことを書いていらっしゃる方もいます。
①から④までは私も完全に同意見です。
⑤に関しても、そういう面があるかもしれません(信用できる医院を選ぶのは困難ですので)。
ただ、こういうようなことを書いていらっしゃる方ご自身がステマをやっていらっしゃったりするので、本当に良い医院を見つけるのは難しいと思います。

イメージ写真

POINT04

ラフィーユは蓄熱式なのか?


【まとめ】(詳しくは下のリンクをクリックしてください。)
ラフィーユは蓄熱式脱毛ではありません。
バルジ領域の毛包幹細胞を破壊しますのでジェントルと効果は変わりません(当院内比較)。
ただ、毛乳頭が破壊し切れていないので、毛が抜け始めるのに2週間くらいかかる場合が多いです。
しかし、ご不安な方はジェントル脱毛をお受けいただければと思います。
ジェントルでも「全身(首から上・VIO除く)+うなじ(女性)」が26,800円ですので、他と比べて格段に安いですし、その上、都度払いです。

「ラフィーユは蓄熱式なのか?」を
さらに詳しく

「蓄熱式脱毛」の定義自体がはっきりと定められたものではありませんが、ラフィーユは蓄熱式ではありません。

ラフィーユは熱破壊式脱毛機のスポットサイズ(照射面の面積)を大きくしましたため、一度に入るエネルギーが大きくなりましたし、1秒間に8発も照射しますので、そのままですと「痛い」「ヤケドが起こりやすい」などの副作用が強くなってしまいます。
そのため、ハンドピースを早めに動かすことで痛みを分散するようにしました。
それにより、短い施術時間で施術を終わらせることが可能になりました。
同じ熱破壊式でも、ラフィーユはジェントルよりもライトシェアなどと設定が似ております。
パルス幅と言って1発の照射にかける時間がジェントルから比べると長めですので、毛が抜け始めるのに2週間くらいかかります。

しかし、蓄熱式レーザー機で一番有名なメディオスターほど「じっくり熱を入れる」というものではありませんので、蓄熱式よりは痛くなってしまいますから、痛みがどうしても心配な方にはメディオスターがいいのではないかと思います。
ただ、ラフィーユでも「あまり痛くない」という方がほとんどです。
ですので、特別痛みに弱いという方以外はラフィーユでも大丈夫ではないかと思っております。
「ラフィーユでも痛くて続けられない」という方は、まれです。
効果ですが、ジェントルもラフィーユもメディオスターも変わりません。

当院でジェントルとラフィーユとを比べると、ジェントルの方が、値段が高いです。
これは「ジェントルの方が効果が高いから値段も高い」ということではありません。
単にジェントルのほうが時間がかかってしまうために人件費などの経費が余分にかかっ てしまうために高いだけです。
ジェントルの方が早く終わるならジェントルのほうが安くなっていました。
鰻や宝石と違って「高いほうが良い」というわけではないです。

ジェントルは効果が早めに出てきますので、それで安心したいという方にはジェントルがお勧めだと思います。
でも、「効果が変わらないなら安いほうが良い」「痛くないほうが良い」ということでしたら、ラフィーユがお勧めです。
当院としては、どちらの施術も自信をもってお勧めしておりますので、どちらをお選びいただいてもいいのではないかと思っております。

イメージ写真

POINT05

どこで脱毛すれば良いのか?
蓄熱式脱毛を選ぶのはどうなのか?
=美容医療口コミの問題点


【まとめ】(詳しくは下のリンクをクリックしてください。)
美容クリニックの口コミですが、グーグル口コミもツイッターもインスタグラムもステマだらけです。非常に巧妙なステマも多いです。
素人の方がそれで判断するのは無理だと思います。それで信じて4〜5回のセットを20万円で契約してしまうとお金を無駄にしてしまうリスクがあります。

当院は他から比べて群を抜いて安いですが、それでも1回の施術が
ラフィーユ全身脱毛(首から上・VIO除く)+うなじ 19,800円
ジェントル全身脱毛(首から上・VIO除く)+うなじ 26,800円
とかなりの価格ですので、気安く「受けてください」とは言えませんが、都度払いですのでリスクは少なくなると考えております。

「どこで脱毛すれば良いのか?蓄熱式脱毛を選ぶのはどうなのか?
=美容医療 口コミの問題点」をさらに詳しく

「ともかく痛みが怖いからメディオスターなど蓄熱式が良い」というのも一つの選択肢だと思います。
効果もしっかりとありますので。

しかし、上にも書きましたが、ちゃんと施術をしてくれるところを探すのはすごく大変です。
美容医療で口コミとかで探して調べても、口コミのように見せかけていますが、ほとんどがアフィリエート広告です。
業者でない本当の口コミが検索順位で上に行くことは困難です。
個人でブログを書いているようなサイトでも、アフィリエート広告である場合が非常に多いです。
皆さんがそのアフィリエート広告をクリックして来院されると、その医院から2〜5万円とかがその広告の会社(or個人)に支払われます。

そのため、クリニックは一度にたくさんお金をもらう必要が出てきます。
そのため、4回セット17万円とかセット払いが多くなります。
一括だと17万円でも無く、分割にすると21万円になったりします。
そこまで支払って「蓄熱式で効かなかった」となると、後の祭りです。
もちろん、ジェントルなどでも打ち方によっては効きが悪い場合もあります。

ですので、美容口コミの「ステマ」をいかに見つけて、本当の評判を見つけ出すのが大事だと思います。
グーグル口コミも「やらせ」だらけです。評判を良くする「ステマ」もあれば、競合の悪口を書き込みまくるステマもたくさんあります。
正直なところ、自分の医院の口コミですら、ステマなのかどうか判断が難しい場合が多いです。

当院のある医院では、できて4ヶ月にしかならないのですが、「半年ぶりに施術を受けたら」という投稿がありました。
もしかしたら、間隔をまちがっていらっしゃるのかもしれませんが、以前は出来て7日目の医院で「数ヶ月前にやったヒアルロン酸で皮膚が波打ってる」と書いてあったこともありましたので、明らかなウソでした。(現在はヒアルロン酸注射は行っておりません)

グーグル口コミもそうですし、SNSの投稿もステマのほうが多いです。
ほめるのもけなすのもステマだらけです。
その中で良い医院を見つけて、4回セットの巨額のお金を託すのはリスクが大きいです。

手前みそになってしまいますが、当院では完全都度払いですので、一度かかられて、もし、ダメだったら諦めるということも可能です。
当院の脱毛施術価格は、他の医院のセット価格の1回当りの価格よりもはるかに安いですが、それでも
ラフィーユ全身脱毛(首から上・VIO除く)+うなじ19,800円
ジェントル全身脱毛(首から上・VIO除く)+うなじ26,800円
とかなりの価格です。
ですので、「都度払いだから気楽に受けてください」とは言えないのですが、当院としては患者さんにご満足いただける施術を一生懸命目指しておりますので、前向きにお考えいただければと思っております。
よろしくお願いいたします。

イメージ写真
文責
医師 丸本 桂三
(あおばクリニック技術統括アドバイザリー)
経歴
昭和62年3月 東京大学医学部医学科卒業
昭和62年6月 東京大学医学部附属病院勤務
平成23年 みずのクリニック(現あおばクリニック新宿院)アドバイザリー就任

医療脱毛についてその他のポイントはこちら

CLINIC